京都にも存在する「昼キャバ」で働いてみよう!

昼間に働きたいなら「昼キャバ」がおすすめ


「キャバクラ嬢に興味はあるけど、諸々の事情で夜に働くのが難しい…」というお悩みをお持ちの女の子にオススメしたいのが、昼キャバ」「朝キャバ」と呼ばれるキャバクラ店です。
一般的なキャバクラは「夜キャバ」ってことになりますね。
つまり、昼&朝キャバは、昼間や朝の時間帯にオープンしているキャバクラ店ということです。

一番大きな違いは営業時間。
夜にオープンしているお店は19時とか20時にオープンしますけど、昼&朝キャバは朝の5時とか6時とかにオープンするんです。
そこからお昼まで、もしくは夕方まで、あるいはラストまで通して営業しているお店もあって、営業時間はお店ごとに全然違います。

昼キャバで働いている人は、主婦や学生さんが多いのも特徴ですね。
夜キャバはキャバ嬢1本で生計を立てている人か、昼間に仕事を持っている人が多め。
夜よりも昼の方が比較的カジュアルでラフで働きやすいって感じる女の子が多みたいです。
夜ほどの華やかさには届かないかもしれないけど、夜もオープンしているお店なら内装とかは同じだから、「キャバ嬢やってる感」は十分に味わえますよ。

頑張り次第では夜キャバに匹敵するほど稼げます


昼キャバは夜キャバよりも時給相場はちょっと低く設定されていますね。
これはしょうがないです、夜よりもお客さんも少ないし、客単価も伸びにくいですから。
なので、お給料も夜に働くより稼ぎにくいという欠点はありますが、昼間に働けるということで、学校や家族や彼氏や友人にキャバ嬢していることがバレたくない女の子が選ぶ傾向がとても強いです。
お給料が低いって言っても、人気を獲得できれば夜に働く女性よりも全然稼げちゃうこともあるんですよ。
指名バックとか同伴バックも夜と同じようにつくし、成績が良いともちろん時給もアップします。
夜に働いてるけど人気が出ない、そんな女の子よりも、昼間に働いて指名してくれるお客様をたくさん抱えている女の子の方が断然多い収入をゲットすることができるんです。

1つだけ難点を挙げると、京都のキャバクラには、まだ朝や昼間の時間帯に働けるお店がほとんどないという点
なので、求人を見つけるのはちょっとだけ大変かもしれませんね。
もし京都のキャバクラで明るい時間帯に働ける店舗の求人を見つけた場合には、とても貴重だから、即応募した方がいいですよ。