フリーのお客様から指名をもらうための方法

京都の客層の特徴は「フリー客が多い」です


どうして京都のキャバクラには、フリーで来店するお客様が多いのでしょうか。
その理由の一つは、観光地だからですね。
地元の人のみで賑わうエリアだったら、フリーのお客様は必然的に減るもの。
京都という地域を考えると、出張で訪れた人や観光で訪れた人などが多くなるのは必然で、そういう男性方が日が暮れるとキャバクラに足を運ぶわけですから、どうしてもフリーのお客様の割合が多くなるというわけ。

ただ、これは京都という街であってもエリアによって若干様相が変わってきます。
お店を選ぶときには、「どんなフリー客が多いのか」という点からも考えてみると、より自分にピッタリなキャバクラ店を選ぶことができますよ。

例えば、祇園は外国人観光客やお金をそこそこ持っているフリーのお客様が多く来店します。
鴨川を挟んで反対側の木屋町や先斗町にもキャバクラが多いですけど、こちら側には、若い観光客や出張で来たサラリーマンなんかの一見さんが多いんです。
木屋町周辺のお店にも外国人観光客はいますけどね、どちらかと言えば安く楽しみたい人が多い印象。
木屋町や先斗町にも高級キャバクラ店はありますが、ワイワイと賑やかな店舗が多いですから、客層もそういう人が多めなんです。

フリーのお客様を獲得するテクニックとは


フリーのお客様が多いということは、場内指名を狙っていくということになりますけど、客層が違えば武器としたい要素にも違いが出てくるわけです。

祇園には比較的お金を持ったお客様が多いと言いました。
ですから、高学歴の女性や新聞・テレビ・ネットなどで最近のニュースや出来事、経済的なことや政治的な情報を集めることが苦ではない女の子にとっては、フリーのお客様から場内指名を受けやすいかもしれません。
礼儀正しさやおしとやかさも必要ですよ。
キレイ系で容姿や華やかさに自信があるなら祇園のお店、特に高級店を狙うといいでしょう。

木屋町や先斗町のお店に来るお客様は、とにかく楽しさを求めています。
笑顔でいることが苦じゃなくて、下ネタを含めどんな話でもついていけるくらいの明るさやノリがあるなら、この周辺エリアのお店を選んでおきたいところ。
そうすれば、フリーのお客様を虜にすることができて、場内指名をもらいやすくなるなるはず。

お店選びに失敗しないためには、こんな風にフリーのお客様の特徴に合わせてエリアや店舗を選択するっていうことが大事なんです。