自分に合うお店を見つける方法とチェックポイント

希望条件との一致率が高いかどうかを確認


京都のキャバクラのシステムやエリアごとの特徴なんかを大体把握して、「やっぱり興味があるな」、「京都のお店でキャバ嬢やってみたいな」と思ったら、いよいよ求人情報を探し始めましょう。

京都のキャバクラは、同じエリアにあっても、時給額などの待遇はまちまちです。
まずはそこをチェックしてみて、自分の希望条件と合うかどうかを確認していきます。
希望条件とぴったりのところと、あとは許容範囲内にある求人もピックしておくといいですね。
最初からあまり絞り込んじゃうと比較もしにくくなるので、妥協できるラインを設定して、それをクリアしているところの情報も集めるようにしておいてください。
そのあとに、条件や待遇との一致率を見て、高い順に並べて、応募の優先順位を決めていきます。

できればそれぞれの店舗のデメリットや欠点なんかも洗い出しておきたいところ。
良いところにしか目を向けないと、これもお店選びの失敗につながるので、「ここは距離が遠いな」とか「お店の規模が小さそうだな」とか「オープンの時間が遅いな」とか、自分にとってのネガティブなところも見つつ、良いところとのバランスを考えて応募先の候補を絞っていくといいでしょう。

体験入店では客層や客単価をチェックしてみよう


応募先を考える時に、必ず守らなければならないルールがあります。
条件に合うかどうかはもちろんのこと、体験入店ができるかどうか、これも重要なんです。
もちろんできなくちゃダメですよ。
体入ができないお店だと、自分に合うお店を見つけることができません。
お店の雰囲気やスタッフの良し悪し、キャスト同士の仲なんかもわからないまま働くことになってしまうんです。
もしお店選びに失敗したら、その後が本当に面倒なんですよ。

体入時に意識しておきたい、できる限り自分に合うお店を見つけるためのチェックポイントは、客層です。
スタッフや他のキャバクラ嬢たちの態度、振る舞い、裏の顔ももちろんですけど、客層もしっかりとチェックしておきましょう。
お客様の年齢層や雰囲気、しゃべっている内容だったり、可能であれば職業などに関しての情報も多く集めておきたいところ。
観光客が多いのか、それとも地元の人が多いのか、こうしたところも要チェック。
接客しやすいかどうかを判断するためです。

また、客単価も知っておくと、本入店後にどれだけ稼げるかの目安がわかるはず。
お金をガンガン使うお客様が多ければ、そのお店には稼げるチャンスが眠っています。
フリーのお客様が多いのか、それとも常連客が多いのかでも客単価や稼げる額が変わってくるので、余裕があればですけど、ここも把握しておきたいですね。

店舗一覧を見るとわかりますが京都のキャバクラはお店ごとに本当に雰囲気も料金も客層も全然違うので、体験入店を利用してこれらのチェックポイントを押さえつつ、働いてみたいと思えるようなお店を見つけ出していきましょう。