お店は規模で選ぶ?それとも歴史で選ぶ?

お店の規模によって異なる雰囲気や働き方


キャバクラ嬢になる時に頭を悩ませるのがお店の選び方ですよね。
これは本当に難しいんですけど、結論から言ってしまうと、女の子それぞれ性格や好みが違うので、それに合ったお店を見つけるしかありません。
大事なのは、自分に合っているお店がどんなところなのかを知ること
京都のキャバクラにもさまざまな特色を持った店舗がありますから、キャバクラ店の傾向をつかんで、自分の性格とか好みとかと照らし合わせて選んでみるといいでしょう。

最初にチェックしたいのが、お店の規模です。
大きいお店か小さなお店かということですね。
規模の大きなお店は、店内が広くて従業員も多め。
当たり前ですけど。
特徴としては、待遇が良いケースが多くて、でも人数が多いからこそ人間関係でゴタゴタがあることも少なくありません。
規模が小さいお店は狭くてゴージャス感は味わいにくいですけど、アットホームな店舗が多いかな。
受け入れられるお客様の数にも限界があるから待遇はそこまででもないかもしれないけど、お店の雰囲気がいいところが多いから、気楽に働けるというメリットがありますよ。

お店の規模とお店の雰囲気は必ずしも一致しませんが、売れっ子を目指すなら大規模店舗、アルバイト感覚で楽しむなら小規模店舗を、最初は選んでおくといいのかもしれません。

有名店と新店舗のどちらを選ぶべき?


京都のキャバクラには、老舗のお店と比較的新しいお店の両方が存在しています。
たまに新店舗として開店するキャバクラ店もありますね。
どれを選ぶかは、これも好き好きですけど、その好き好きを判断するためにそれぞれの特徴をある程度知っておくといいでしょう。

老舗のお店は、言い換えると有名店ということになります。
京都で長らく経営しているので、業界内はもちろん、お客様の間でも有名です。
こういう老舗であったり有名であったりするお店は固定のお客様が多くいるので、比較的客層が落ち着いていて接客に苦労しないというメリットがあります。
絶対ではないですけど、長年のファンがいる分、お店の雰囲気がまったりしているんです。
デメリットがあるとすれば、店内のヒエラルキーが明確である点ですかね。
上下関係がハッキリとしているお店が多い傾向があります。

新店舗は、今の時代にマッチしたお店が多いので、若い人にとっては働きやすいでしょう。
みんな一斉にスタートできますから、未経験者でもすぐにお店のナンバーワンになれる可能性がありますよ。
上を目指す人は、まずは新しめのお店でトップを目指すのもいいかもしれませんね。
規模や歴史によって雰囲気が変わるキャバクラ店。
それぞれの特徴を認識して、働くお店を選んでみましょう。